塾長コラム

塾長コラム就職活動について > 本年度就活状況

本年度就活状況

 昨年3年時から始まった大学生の就職活動も一区切りの時期に来ています。今年度も多数の塾卒業生が相談やアドバイスを求め塾に足を運んでくれました。厳しい社会情勢の中、皆良好な結果が出て一安心です。結果から判断すると文系・理系ともに早くから自身で情報を積極的に集め、アクティブに活動していた人ほど良い結果であったように思います。自分を見つめる時間が長くとれるというメリットもあります。結局は自身を問う事が大事なのです。

 何回も続く面接において、繰り返し質問される事柄は自分自身で自分を説明することであり、志望動機や志願理由、何がしたいのか、自己PRもまさに自身を語ることなのです。人生の目標や将来の在るべき姿を語る時、ベースに成るのは何なのか、あらゆる質問でぶれてはいけない事柄こそがアイデンティティであり、自分自身が何者であるかを明確化することこそが武器ともなるのです。

 つまり何よりも優先すべきは自己分析であり、自身を知ることであるのです。自分の譲れない事柄は何なのか、そのルーツを探ることが大事であると考えます。

 

 

このページの最上部へ