塾長コラム

塾長コラム就職活動について > 本年度就職試験状況

本年度就職試験状況

本年度の就職活動も終盤になりました。

毎年この時期になると卒業生から喜びの報告が多数寄せられると同時に、大学院への進学等進路の選択を迫られる時期であり、悩む学生も多数おります。しかし、本年度の特徴としては、ほぼ全員一流の企業や市役所または教職員など本来の目標へまっしぐらに進む人ばかりで、昨年と比べても好調さがうかがえます。大学職員と地元市役所とどちらにするのか悩むという贅沢な悩みの優秀な卒業生もいて、4年間の大学生活に満足感を示す学生がほとんどであることに喜びを感じます。やはり、社会の情勢で好調不調のサイクルがあり、本年度は比較的良い時期であったことも事実ですが、各人がまじめに努力し、己を知り、己を磨いた結果であると思います。さらに社会人になると大きな壁にぶつかり、押しつぶされそうになることもありますが、自分を見失うことなく前向きに人生を歩んでいただきたいと思います。塾終了後毎日のようにピンポン玉で野球をやっていた高校生がもう学校の先生になろうとしています。あの頃の遊び心を忘れないでね。

このページの最上部へ